レーンを見るLoLブログ

league of legends について。レーン戦に絞っていろいろと。

ダリウス vs イラオイ

条件が揃えばイラオイ有利。

そうでなければダリウス有利。

イラオイは触手という独特なスキルを使う。

それを上手く使うことができれば、ダリウス相手に有利を取れる。

逆に、危険地帯にダリウスを誘い込むことができなければ難しい。

 

1~2Lv

お互い殴り合いは強いチャンピオン。

イラオイはスキルが揃ってから本領を発揮するので、この時点で殴り合いに持ち込まれると不利。

ハラスはQのレンジがダリウスの倍あるイラオイが有利。

2LvになるとダリウスがW or E、もしくは両方を取得しているので注意。

イラオイはLv3までは安全にCSを取りたいところ。

 

 

3Lv~

ここからはイラオイが有利を取れるようになる。

イラオイが有利になる条件は Eのヒットと触手の位置。

まずEがヒットするとダリウスは 離脱して一方的なダメージ or 殴り合い

を選ぶことになる。

ここでダリウスが殴り合いを選択した場合、戦闘地点(イラオイEで発生した魂の位置)に触手が生えていたならイラオイが殴り勝つ。

殴り合えばダリウスは魂+本体へのダメージを受けるうえに、触手の攻撃も受けるのでとても不利になる。

 

ダリウス側がこれを知っていたならEには警戒するし、イラオイの好きな位置では戦わせないだろう。

ミニオンにイラオイEは防がれるので、上手く立ち回れば簡単に食らうことはなくなる。

そしてイラオイがEを外した時はチャンス。

その時の立ち位置によってはそのままダリウスがキルできるかもしれない。

イラオイはEからのダメージをプレッシャーに戦うので、それを外してしまうと厳しい。

 

6Lv

イラオイが強力なRスキルを取得。

E+Rのコンボでダリウスは逃げるしかなくなる。殴り合えばまず負ける。

EなしのRでも、簡単に殴り勝てるとは言えない。

元々生えていた触手の位置によっては厳しいだろう。

 

EとRを捌けばダリウスが有利を取れる。

イラオイは逃走手段がないので、前に出過ぎていたら一気にキルまで持っていける。

 

まとめ

とにかくイラオイのEが鍵。

条件が揃った時の圧倒的ダメージを持つイラオイと、どこでも安定して殴り勝てるダリウスの対決でした。